/sculduddery1234297.html,12308円,オンサイト発電設備と電力線測定のための絶縁抵抗試験器、オートレンジデジタル絶縁抵抗試験器絶縁計電圧計,Chenbz,mylaptopjunction.com,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 受動部品 12308円 Chenbz オンサイト発電設備と電力線測定のための絶縁抵抗試験器、オートレンジデジタル絶縁抵抗試験器絶縁計電圧計 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 受動部品 12308円 Chenbz オンサイト発電設備と電力線測定のための絶縁抵抗試験器、オートレンジデジタル絶縁抵抗試験器絶縁計電圧計 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 受動部品 /sculduddery1234297.html,12308円,オンサイト発電設備と電力線測定のための絶縁抵抗試験器、オートレンジデジタル絶縁抵抗試験器絶縁計電圧計,Chenbz,mylaptopjunction.com,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 受動部品 低廉 Chenbz オンサイト発電設備と電力線測定のための絶縁抵抗試験器 オートレンジデジタル絶縁抵抗試験器絶縁計電圧計 低廉 Chenbz オンサイト発電設備と電力線測定のための絶縁抵抗試験器 オートレンジデジタル絶縁抵抗試験器絶縁計電圧計

低廉 Chenbz オンサイト発電設備と電力線測定のための絶縁抵抗試験器 本日の目玉 オートレンジデジタル絶縁抵抗試験器絶縁計電圧計

Chenbz オンサイト発電設備と電力線測定のための絶縁抵抗試験器、オートレンジデジタル絶縁抵抗試験器絶縁計電圧計

12308円

Chenbz オンサイト発電設備と電力線測定のための絶縁抵抗試験器、オートレンジデジタル絶縁抵抗試験器絶縁計電圧計

商品の説明

仕様:

条件:真新しい100%

モデル:UT511

仕様

範囲

精度

絶縁抵抗

出力電圧

100V / 250V / 500V / 1000V

0%-20%

100V

0.1M-500M

±(3%+ 5)

250V

0.5M-2G

±(3%+ 5)

500V

1M-4G

±(3%+ 5)

1000V

2M-10G

±(3%+ 5)

短絡電流

lt;;2ミリアンペア

DC電圧(V)

1000V

±(2%+ 3)

AC電圧(V)

750V

±(1%+ 3)

低抵抗

0.1-999.9



8 *(LR)(含まれていません)

LCDサイズ

123ミリメートル* 58ミリメートル



赤とグレー

重量:約。1044グラム/ 36.8オンス

サイズ:約。202 * 155 * 94ミリメートル/ 8.0 * 6.1 * 3.7in

パッケージ一覧:

1 *絶縁抵抗試験器

3 *シングルクリップ実験線
私たちは日本市場に専念する製品小売業者です。何か質問があれば、私たちに聞いてもいいです。3-8時間以内にご返事します。出荷前に、私達はまたあなたの製品を詳しく検査します。出荷する前に、問題がないことを確認してください。

Chenbz オンサイト発電設備と電力線測定のための絶縁抵抗試験器、オートレンジデジタル絶縁抵抗試験器絶縁計電圧計

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »